山中伊知郎「お笑いライヴを行く!」

最後の歯を抜く
 ついにたった一本残った最後の歯を抜いた。
 もともとほぼ総入れ歯だったのだが、一本だけ犬歯が残っていて、下の方は、それに嵌める形で入れ歯を
作ってもらってた。が、先週くらいから、どうも歯がグラグラしている感じだし、歯茎も腫れて、うまくモノ
が食べづらい。 
 それで歯医者に行ったわけだが、「あ、この痛みを止めようとしたら、残った歯を抜くしかないですね」と
のこと。ただ、いきなり最後の歯を抜くのもなんだから、しばらく痛み止めなどを使って様子を見ますか、と
もいわれたものの、時間がたったからといってよくなるわけでもない。かえって痛みが続くだけの可能性の方
が高い。思い切って、抜歯を決断。
 歯茎も腫れたり、傷んだりしているので、麻酔の効きは悪かったものの、もう歯そのものがとれかかっていたために、そんなに手間はかからなかった。
 61歳と9カ月。完全に私は自前の歯を失った。早いっちゃ早い。歯のケア、手を抜いていたのもあり、ある
程度は遺伝的要素もあったのだろう。死が少しずつ近づいてくる感じだ。
 ちなみに写真はてのひらに乗せた、私の最後の歯。
101_0196.JPG

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。