山中伊知郎「お笑いライヴを行く!」

シナ研飲み会
銀座の居酒屋で、稲門シナリオ研究会の昔の仲間や、30年近く年の離れた後輩たちと会う。
 5つくらい下の日経新聞につとめている小林くんが幹事なので、その年代が多いのかと思いきや、村田や石川や上條や村山や、いつも忘年会で会うメンバーが多かった。ただ、若手の後輩の方では、はじめての人間もいた。
 ああいう若手がいるっていうのは、いいな。単なる思い出話だけでは終わらないので、会話に広がりが出来る。映画の助監督やってるっていう、20代半ばの人間がいたので、彼の話をだいぶ聞いた。
 今はデジタル化されている分、映画も安く作れるし、単館ロードショーなら公開できるチャンスも多いから、かえって「映画監督」を目指すにはいい時代なのかもしれない。

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/402069469
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。